コンセプト

■ ‘ano’ano→ otonoha〜音の波〜へ

‘ano’ano (アノアノ) とは、ハワイ語で 『種』。

ハワイに古代から伝わる叡智、文化、神話を伝える “マナカード” の中で、‘ano’ano からのメッセージは “思考・意志のちから” を意味します。

私たちの中にある思考や、意志という『種』 は、やがて「現実」という『実』を結びます。

2006年にスタートした ‘ano’anoは、私たちひとりひとりの中に宿っているかけがえのない【いのちの種】それぞれが秘めている【響きと輝き】を思い出し、いのち本来の願いを実現してゆく助けとなるよう、ボディー・マインド・スピリットを整えるいのちの調律サロンとしてこれまで多くの方の人生に寄り添って来ました。

🍀折々に更新し続けている【変容の略歴】をご参照ください。
https://note.com/yuri_otonoha/n/n4626517bbcec

 

そして、変化を続けてきた「私という種」は、
核に秘めたいのちの願いに触れて2021年、 otonoha〜音の波〜に進化しました。

otonoha=音の波 とは、バイブレーションのこと。

この世界に存在する全てのものが固有のバイブレーションを持ち、共鳴・共振しながら世界はできています。
私自身がとある「一音」との出会いにより次々と新しい人生の扉を開いてきたように、
ひとりひとりが持つ固有のバイブレーション(音色)が輝きを取り戻し、素晴らしいシンフォニーを奏であう世界に立ち会うことを何よりの喜びと感じながら、
その都度与えられるさまざまなお役目を通して、人や場のバイブレーションを整え進化させるサポートをさせて頂いてきたように思います。

otonohaがお届けする各種ガイディングセッションは、私自身の人生を大きく変えてくれたスペシャルな学びの数々をおひとりおひとりのコンディション&ニーズに合わせて自在に組み合わせる、まさにアートなプロセスワーク。

心と体が本来の響きを取り戻す調律ワークと、無意識層にある豊かな泉に導くガイドを得意としています。

 

2011年からは、セラピストという活動にとどまらず、地域をつなぐユニークな活動や、ラジオパーソナリティー、里山の森の学び場作り(星山プロジェクト)のコーディネーターや、Human Potential Lab.の創設メンバーとして新しい時代のコミュニティの可能性を実践・発信しつつ、

小さな種だった’ano’anoは、皆様とのつながりの中でたくさんの経験とお役目を頂き、
otonoha 〜音の波〜 という新しいBeingへと成長させて頂きました。

これからも、拠点である鎌倉・逗子・葉山にとどまらず、日本各地のご縁ある場所で出会う皆さんとさまざまなカタチで響きあいながら
みなさまの中にある【Yesのバイブレーション】が花開するガイディングセッションをお届けしてゆきます。

2022年9月

ALOHAを込めて
むろき 優理